あと8日

引継ぎはほぼ完了しているが、MTGに出ているので、相変わらず拘束時間は長い。昨日も朝8:00からMTG開始し、終わったのが夜22:00だった。

出なくてもよいのでは?と一瞬思ったりもするが、チームに何かあるといけない、意見を求められた時にはきちんと答えられるようにする、という「使命感」というか「責任感」のようなもので、しっかり聞いている(しかも毎回メモを取っている)。

なので、仕事が終わるとくたくただ。

やはりこのような状態で新しいことを考える、というのはなかなか難しい。。

会社を辞めるという選択は、正しかった気がする(と正当化(笑))。

昨日は、とはいえ空き時間に「会社の起こし方」を調べていた。

税制のメリットを考えると、個人事業主より法人の方がよいと以前より考えており、また会社の規模を考えると株式会社である必要はないので、合同会社にしようかと考えていた(今勤めている会社も数年前株式会社から合同会社へ変更となったので、あまり違和感がないのもある)。

■何月決算にするか問題

んで、何月に決算するのがよいのだろう、というのが次の疑問に上がった。

決算後2か月以内に、申請・納税をする必要がある。

「法人税の申告期限は、原則として決算日の2か月後です。決算日が3月31日であれば、法人税の申告期限は5月31日になります。」とある。

一方で、所得税は確定申告を2/16~3/15までにしなければならない。

としたときに、同時期に重なるのは負担があるので避けたいし、税理士が多忙な時期にすると、良いサービス?を受けられなかったり、余分なコストがかかったり(するのかな?)とありそうなので、なるべく閑散期がよいのかな、と漠然と考えている。

かつ、自身の事業が繁忙でない時期がよい、とある。。。悩ましい。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA