#016 合同会社と株式会社の違い

昨日は、個人事業主ではなく法人にしたという話をした(参考>#015

そこでメリットとデメリットの比較もした。

今日は、合同会社と株式会社の違いについて整理し、何故合同会社を選択したかを述べてみたいと思う。

皆さんの中で会社設立したいけど、合同会社、株式会社のいずれにしようと迷っているかたがいらしたら、参考にしていただきたい。

■合同会社と株式会社の違い

  • 1)所有と経営の観点
株式会社合同会社
1)所有と経営の観点所有と経営が分離所有と経営が一致

これはよく言われることだが

  • 所有者(オーナー)と経営者(エグゼクティブ)が分離されているのが株式会社
  • 所有者(オーナー)と経営者(エグゼクティブ)が同一であるのが合同会社

という違いである。

つまり、

  • 株式会社では株を購入することで株主となり、出資はしても、必ずしも経営に参画しなくてもよいが、
  • 合同会社は(株は存在せず)出資する(=持分と呼ぶ)ことで、必ず経営に参画することとなる

ということとなる。

言い換えると、

  • 株式会社は経営者はオーナーである株主の意向に沿わなければならないが
  • 合同会社はオーナー=経営者なので、その手間がなくクイックな意思決定が出来る

とも言える

2)株主総会

株式会社合同会社
2)株主総会必要不要
  • 株式会社は株主に対し経営の報告と意思決定を促す、株主総会の開催が必須だが、
  • 合同会社はそのような制度はない

尚、株式会社と合同会社で出資単位、出資者の呼び名が異なるので、以下に整理する

(参考)出資単位・出資者の呼び名

株式会社合同会社
出資単位株式持分
出資者株主社員

3)取締役の設置

株式会社合同会社
3)取締役取締役の設置が強制強制なし
・原則として全社員が業務を執行
・定款で業務執行する社員を制限可能
(→「業務執行社員」と呼ぶ)
  • 株式会社では取締役の設置が必須
  • 合同会社では取締役に準ずるものの設置は必須でなく、原則全社員が業務を執行するが、定款により業務執行する社員を制限することも可能となる
    • その場合の社員を「業務執行社員」と呼ぶ

その他細かな違いを以下に記す

(参考)取締役/業務執行役員の条件・任期

株式会社合同会社
取締役/業務執行役員の条件出資者でなくともなれる出資者でないとなれない
任期あり
満了時は株主総会の決議で選任が必要
なし

4)取締役・社員の権限(定款の変更)

株式会社合同会社
4)取締役・社員の権限(定款の変更)保有株式数に準じた議決権を持つ一社員につき一個の議決権を持つ
  • 株式会社では保有株式数に準じた議決行使権を保持する
  • 合同会社では出資額(持分)に関わらず、一人一個の議決行使権を保持する
    • 言い換えると、一人一個の「拒否権」も持つこととなるので、少数出資額であっても「拒否」が出来ることに留意が必要

ということで、今日はかなり「固い」系の内容となったが、これまできちんと整理したことがなかったので、こうして比較しながら記載していくと、頭の中が整理でき、自身としても腹落ちができた。

ちなみに、本内容は以下書籍を参考にしている

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA