#055「一人の力で日経平均を動かさせる男の投資哲学」 cis (しす・個人投資家)著 -その3

昨日に引き続き、本日はその3をお届けする。

■主なトピック

以下、本書の内興味を持ったトピック。今日は7~9を解説する。

1.上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる

2. 株はそもそも確率のゲームでない

3.「押し目買い」をやってはいけない目先の「利確」に走れば大勝はなくなる

4.目先の「利確」に走れば大勝はなくなる  

5.ナンピンは最悪のテクニック

6. 重要なのは損をしないことではなく、大きな損をしないこと

7. 相場もギャンブルも基本はプレイヤーが負ける  ←本日

8. 大きく儲けるチャンスは人間の感情が大きく揺さぶられる時  ←本日

9. リスクヘッジは無駄  ←本日

10. 比較をすべきは「過去」とではなく、「買った値段」と

11. 財務分析をした結果を踏まえて株価が構成されている

12. マーケットのことはマーケットでしか学べない

13. ニュースはNHKよりツイッター

14. 仕手株が疑われる値動きはチャンス

15. 年金のような「盲目の資金」流入時は儲かりどころ

16. トレードというのはつまるところ「お金の奪い合いゲーム」

17. 配当は儲からないのでやらない

18. 不況時の赤字会社への長期投資はあり

■7. 相場もギャンブルも基本はプレイヤーが負ける

筆者曰く

・相場もギャンブルも基本はプレイヤーが負ける

と言い放っており、理由は

相場なら手数料税金ギャンブルなら場代がある為

とのことである。

筆者曰くデイトレードはギャンブルだと言い切っており、ギャンブル常に胴元が勝つように出来ている為、デイトレードも例外でない、という主張である。

それでもやるということは、「胴元には勝たずとも、ある程度の勝算」があるから、やり続けていると思われる。

また、

・自分の状態を直視できない人大きく負けてしまう

と述べており、つい感情的になったり、恐怖心に震え上がったり、気持ちが大きくなったりして、自分を客観的に見ることができない人は、大負けをする、と警鐘を鳴らしている。

■8. 大きく儲けるチャンスは人間の感情が大きく揺さぶられる時

・暴落と暴騰という両局があるが、人は喜びや期待より、悲しみや恐怖の方が大きい生き物

暴落の方がチャンスはずっと大きい

・株価がこのまま地の底まで落ちていくんじゃないか、と人々が恐怖を感じているときこそチャンスになる

とのこと。これはロバート・キヨサキ氏も金持ち父さん貧乏父さんの中で、同じことを述べていた。

不況のタイミングが最もチャンスだということであった。

本書の筆者も、ITバブルの崩壊や、リーマンショック、サブプライムローン問題、ギリシャショックが起きた時は、大きな災害が起きた時、などがこれに当たるという。

すなわち、群集心理が働き恐怖が発生するので、相場としては「チャンス」となる、とのことだ。

やはり株式投資の口座は持って置き、いつでも買える状態にしておくのは、重要であると感じた。その為には普段から相場を見ていなければ、チャンスをつかむことは困難だと考える。

■9. リスクヘッジは無駄

・勝ちたい気持ちより、損するのが怖いという心理を制御しないと、相場で勝つのは難しい

とのこと。むしろ「不可能」と言い切っている。

また、筆者は自分自身を、

・投資家の中では「守備型」に入る人

とし、

・小さな損は全く気にしない

・できるだけ大きな損を避けるよう、とにかく逃げ足の速さで勝負している

と述べている。つまりは、ギャンブルという言葉と裏腹に、とにかく「損」をしないよう「素早く」「損切り」をしつづけて、大きく負けることを逃げ足の速さでかわすということらしい。

<大きく勝つことも目指す>

その一方、

・リスクを取って売買している

為、

大きく勝つ可能性がある買い方もする

とのこと。つまりは、リターンを大きく取ることを目指さなければ、リスクを取る意味がないということで、結果「攻撃的に動く」ことも多いとのこと

<リスクとリターンの割合>

さらに、リスクとリターンの割合についても

五分五分だったら、勝負する意味がない

・上がりそうな理由と下がりそうな理由で、前者が強そうであれば、買い

と述べている。

これについては、その通りであるが、これが分からないので苦労している、というのが本音ではあった。。これが次の内容にもつながる。

<相場は誰にも分からない>

また、相場については

・ある株が上がるか下がるかなんてわからない

・常に分かるようなら、日本の国家予算程度は簡単に稼げてしまう

絶対に上がると思えたなら、裏側にあるリスクが見えていないだけ

・どんなときにも、上がるか下がるかの絶対的な答えなどない

と言い切っている。

これだけ儲けた人なのだから、ある程度は見えているのかと思いきや、「わからない」と明言されてしまった(笑)。

その中でも、稼ぎ続けられているということは、やはり基本に忠実に、伸びたら買い、落ちたら売る、しかも素早く!を繰り返し実直に進めて来たからなのであろう。

<元本保証ありの高いリターンはありえない>

また

・元本保証で3%の利回り

などとうたっているものは詐欺と名言している。というのも

・相場と言うのは、リターンを求めてリスクを取る行為

であり、

・リスクは絶対にある

事が常であるから、

・リスクのない元本保証で、更に3%も利回りを出すもの

があれば、それはリスクとリターンの関係に反する、ということだ。

言い換えると、リスクを取る勇気がない人は、リターンを取る権利がないわけであるので、

リスク恐怖症の人は相場には向かない

とのことだ。

<リスクヘッジはリターンを薄めるのでやらない>

また、筆者曰く

リスクヘッジリターンを薄めるのでやらない

と述べている。これは

リターンを求めリスクを取ってやっているのに

リスクを分散する為にコストを使ってしまっては

リターンを薄めるだけ

であるから、という考え方に基づいている。

これも、金持ち父さん貧乏父さんに通じるものがある。ロバート・キヨサキ氏も、リスクヘッジされた投資信託を「消毒しすぎた商品」という表現で表しており、「面白くない」と言い放っていた。

本書の筆者曰く、

ファンドマネージャーなら利益を平準化する為に必要かもしれない

が、

個人投資家ヘッジしては意味がない

としている。確かに、顧客に向けて実施をしている場合、トレーダー自身は大負け、大勝ちの日がばらついていても許容できたとしても、顧客がそれを許容しないこともあり得る(というか大体はそうであろう)。

そうすると、大振りでホームラン三振ではなく、バットを短く持ってシングルヒットを狙いに行く、ということになるであろう。

ただ筆者のスタンスは、あくまで「利益の最大化」を目指すというスタンスであるので

ピンチとチャンスは紙一重

結果は受け入れるしかない

という考え方で進めているようだ。

やはり、「大勝ち」の成功体験と、「損切り」「スピード感を持って」良いブレーキをかけることが出来た成功体験が積み重なって、結果「勝てる」と思えることが、気持ちの「余裕」につながり、不要な「恐怖心」「焦り」、勝手に決めた「時間軸」も払拭して、結果として大勝ちをすることができるようになるのではないか、と考えた。

明日は月曜日。株式市場が開場するので、また実践でコツコツ経験値をあげて行きたいと思う。

Twitter:https://twitter.com/earth76_

Note:https://note.com/earth76

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA