#060 「一人の力で日経平均を動かさせる男の投資哲学」 cis (しす・個人投資家)著 -その4

4/12に#055で投稿した、cisさんの「一人の力で日経平均を動かさせる男の投資哲学」の解説の続き(その4)を本日は書きたいと思う

以下が、全体となり、今回は#9~11の開設をしていきたいと思う

■主なトピック

以下、本書の内興味を持ったトピック。今日は10~12を解説する。

1.上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる

2. 株はそもそも確率のゲームでない

3.「押し目買い」をやってはいけない目先の「利確」に走れば大勝はなくなる

4.目先の「利確」に走れば大勝はなくなる  

5.ナンピンは最悪のテクニック

6.重要なのは損をしないことではなく、大きな損をしないこと

7.相場もギャンブルも基本はプレイヤーが負ける

8.大きく儲けるチャンスは人間の感情が大きく揺さぶられる時

9.リスクヘッジは無駄   

10.比較をすべきは「過去」とではなく、「買った値段」と ←本日

11.財務分析をした結果を踏まえて株価が構成されている ←本日

12.マーケットのことはマーケットでしか学べない ←本日

13.ニュースはNHKよりツイッター 

14.仕手株が疑われる値動きはチャンス

15.年金のような「盲目の資金」流入時は儲かりどころ

16.トレードというのはつまるところ「お金の奪い合いゲーム」

17.配当は儲からないのでやらない

18.不況時の赤字会社への長期投資はあり

■10.比較をすべきは「過去」とではなく、「買った値段」と

<リンゴと株の違い>

筆者曰く

株価が上がって、高値が付いたら喜んで買う

とのこと。通常

・普通の人は買えない

何故なら

今までで一番高いから反動がくるかもしれない、と怖くなってしまう

から、とのこと。

例えば

・リンゴがどんどん値上がりして1個400円となると普通は買いたくない

と思うのが通常である。しかし

株はそういうものではない

という。

多くの人は

「安く買って高く売る」という発想

だから、

高い時は買いたくない

と思ってしまうのが、理由だと述べている。


<何と比較して「高い」か>

その「高い」というのは

何と比較して高い

と言うと、

「過去」と比較して

の話であると、筆者は言う。つまり、

株価が下がっている時は、

「過去」と比較してお買い得

だと思ってしまうのが、一般的な考え方だとのこと。

一方で、

「適正な価格」など本質的には存在しない

といい、結局は

「買った値段」より高く売れれば儲かる

わけなので、

「過去」と比較して考えない方がよい

というのが趣旨である。

この内容には度肝を抜かれた。と言うのは、株はファンダメンタル(財務状況が良いかどうか)や、移動平均線からの乖離率が大事だと考えていたからだ。

後述する章では筆者もファンダメンタルを実施していたそうだが、勝つようになればなるほど、シンプルになっていったと述べている。

筆者曰く

・何故皆が同じようにできないかというと、たとえシンプルでも「身銭」を切ってやるのが難しいから

と述べている。つまり

「反発がくるかもしれない」

と考えて、買うことができない。つまり

「リスク」を取ることが出来ない

と言っているのだ。投資は

リターンを求めてリスクを取る行為

なので、

リスクは絶対にある

リスク恐怖症の人は相場には向かない

と言うことを言いたいのだと理解した。

恐らく、これはこの章では名言していないが、もし反発して下落したら、「損切り」すればよいということなのであろう。

それより、得られるリターンを期待しよう、というのが考え方なのであろうと思う。

■11.財務分析をした結果を踏まえて株価が構成されている

筆者曰く

・自身で財務分析をした結果「割安」と判断した銘柄も、他者も同じことはしており、それらを踏まえた上での現在の株価である

と述べている。つまり「割安」と判断したと思い込んでいたとしても、実は

・企業の価値を株価が正しく反映していない、というより「株価こそが答え」

であり、

・株価こそが総意として適正だとみなされている数字

である、とのことである。

特に

大型銘柄は十分に研究されていて、割安なまま見過ごしているなどありえない

といい

インサイダーのような明らかな情報がない限り、自分に優位性はない

とのことである。結果として

誰でも持っている情報では安定的には勝てない

ということで、自分の判断で

割安と決めつけて買ってしまうと負け続ける

と言うことらしい。

なかなか厳しい意見だが、筆者も当初ファンダメンタル投資をしていたとのこと。

その際に当時のJAS(ジャパン・エア・システム)がJALやANAに比べて割安だったと分析の結果結論付け、購入したところ、

買うと下がりまた買うと下がったそうだ。最後にはゴミ同然の価格JALに吸収合併されてしまった、という苦い経験があるという。

つまり、

「割安」だと考えるのは、あくまで「主観」に過ぎない

ということに気が付いていなかったことが原因だ、ということだ。

自分だけが気づいていて、他者が気づいていない、というのはおごりで、実は皆が気づいている、それが株価だ、というのが考え方だ。

また、

信用される企業はさらに信用され、割安な株はさらに割安になる

というのが真実に近い、と述べている。つまり

・株式市場は公平や平等という概念で動く場でない

ということだ。これに気づいてから、今のスタイルに至った、とのことだ。

確かに、圧倒的な情報を保持している人がいたら、それに勝てないというのはその通りだろう。であれば、そうでない方法で勝つには情報量でない方法、つまりは上がっている時に買い下がっている時に売る、という方法に行き着いた、というのは確かに理にかなっている。

■12.マーケットのことはマーケットでしか学べない

筆者がどのように勉強したか、と聞かれると

ひたすら値動きを見た

と答えるそうだ。では本などはどうかというと

本に書いてあるのは過去のことで、未来には役に立たない

といい、

マーケットのことはマーケットでしか学べない

という。筆者曰くトレーダーとして難しいのは

・トレーダーは自分の理論を何度も否定していかなければならない

ことだ、と述べている。

つまり、一度うまく行って、理論が出来たとしても、それを再現しようとすると失敗し、その理論を自分で否定することの繰り返し、ということだ。

ただ、筆者は

・値動きが見たくて夜中に起きてしまう

というように、努力はしているが、

・嫌々見ているわけでなく、ゲームをしているのと同じだ

という。

<自分の状態よりマーケットの状態>

筆者も

・最近勝てないな

と思うことも何度かあったそうだ。そんな時は

・自分はもう終わったスランプだ

と言っている場合でなく

数分後の株価明日の株価を考えるしかない

と述べている。つまりは

自分は大丈夫か

とか、

・行くべきとき、引くべき時の判断がくるってないか

とか、考えている暇はなく、マーケットの状況を考えるべきだ、ということだ。

重要なのは

「自分の状態」より「マーケット」

ということであり、あくまで

「マーケット」に合わせるしかない

ということだ。

筆者は初めて半年で勝ちに転じたそうだが、マーケットに対する理解は、経験を重ねると違ってきたそうだ(今が100だとすると、始めたころは20くらいとのこと)。

当時は、機関投資家ファンド大きな資金を使って買っていたので、それに乗っかっていたそうだ。

儲かっているところを

素早く学習して、

早く行動して、そこに

信用取引を全力で乗せていた

そうだ。

ちなみに当時に比べると今はマーケットの複雑性が増しているので、今の方がよりマーケットを信用していない、とのこと(笑)

筆者曰く

・よりビビっている

・なのですぐ逃げる

とのこと(笑)

やはりこのような「逃げ足」の速さが、継続的に勝つための秘訣なんだ、と改めて実感したセクションだった。

Note:https://note.com/earth76

Twitter: https://twitter.com/earth76_

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA