#099 まだ天井から水漏れが・・

前回記述した通り、屋根の穴は塞いでもらったのだが、まだ水漏れが天井からしていることに気がついた。

というか、屋根を塞いでもらったが為に、別の理由で水漏れがしている事実に気づくことができた、と言うのが正しいだろう。

念のために、ちりとりを水漏れのしている箇所に置きっぱなしにし、一晩様子を見てみた。

■寝る前

■起床後

と言うことで、まだ問題解決しませんでした・・(涙)

■再度チェックすると水道管から水滴が

と言うことで、再度水漏れの出元をチェックしてみました。

すると、天井裏の水道管から水漏れがしているではありませんか!

と言うことで、急遽水漏れ修理の業者へコンタクトを取ることにした

■水漏れの原因は、配管の接続方法だった!

水漏れ修理業者さんは、即日来てくれた。

状況を説明し、該当箇所を見るや否や

「ああ、これは配管の接続方法が昔の方法ですね」

とのこと。

どう言うことかというと、本来は2つの配管を接続するのに、間に輪っかのようなものを噛ませるのだが、この配管はそういうものは使わずに、「熱で広げて接続をしている」とのことだった。

と言うことで、対応策は以下の2つとのことであった

・1.配管を途中で切り、間にジョイントを噛ませる(その場合、今見えていない箇所の天井も作業の為切り取る必要がある)

・2.今漏れている箇所にコーキング(シーリング)剤を塗布する

明らかに2の方が手間もコストもかからないため、2を選ぶこととした。

これでもだめなら、最終的に1.をやらざるを得なくなるであろう。

結果、こんな感じになった

終了後1~2時間のチェックだが、水滴は落ちてきていないようだった。

取り急ぎ、バケツは置いて現場を去ったので、次回行った時に、様子を見てみたいと思う。

では!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA