#114 リフォーム業者の選び方

水回り(キッチン、浴槽、洗面台)のリフォームを3社へ見積もり依頼した。

うち1社(A社)から回答を受領し、キッチン48万円、風呂37万円、洗面台17万円の合計102万円であった。

その為慌てて追加で2社(B社、C社)に見積もりを本日依頼した。

B社は地元の大工会社で、タウンページで探して直接電話をした。40歳代くらいの社長本人が1人でやってきて、見積もりをしてもらった。正式見積もりは今週中にメールでPDFで頂けるそうだが、ざっくり工賃だけで約22万円ほどではないか、とのことであった(プラス設備機器3つが14万円の為、合計35万円程度となる計算)。これだと大変助かる!

C社は地元のリフォーム会社で、同様にタウンページで探して電話をしたのだが、どうやら自社で実施するわけでななさそうであった。60~70歳代の3名でやってきて(社長の男性、受付の女性、もう一名の男性)、もっぱら最後の男性が具体的に見積もり作業をしていた。こちらは金額は話していなかったが、設備機器の施主準備に若干難色を示しており、お高くなりそうな気配が高かった。こちらは来週ごろに改めて設備会社を連れてくる、とのことであった。

やはり、地元の自社施工の会社が話が早くて、柔軟性もあり(設備機器の施主準備にも快く応じてくれた)、費用を削減する方法も提案してくれた(浴槽設置の際壊すタイルを貼り直すところは、別業者に依頼した方が良い、など。しかもそのタイルのサイズに合わせて、既存タイルを壊してくれる、とも言って頂いた)。

まだ見積もりはもらっていないが、心はB社に動いている。。笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA