#118_隣人からのクレームへ即座に対応

■隣人からエアコン室外機に対するクレーム

エアコン室外機を設置したところ、隣人より「音がうるさい」とのクレームを頂いた。

隣家との間が2メートル程しか離れておらず、風呂場が近くにあるとのことで、窓を開けるとゴウゴウ音がする、というものだ。

正直、・・・と思ったが、音の感じ方は人それぞれなので、先方がうるさいと感じたのであればうるさい、のであろう。

特に先方がエアコンを使用しておらず、窓を開け放つ生活をしていると、特に気になるのであろう。

■業社探し

ということで、業者を呼ぼうとしたのだが、話を受けたのが土曜の夕方であった為、翌日曜に近くの電気施工会社をタウンページで探して8社電話をかけたのだが、3社は日曜休業で電話が繋がらず、4社は「エアコン工事はやってません」という回答で、1社は「エアコン工事はやっているが今は忙しい」との回答であった。

タウンページは「電気工事」や「空調工事」という分類で記述されていて、はっきり「エアコン工事」と記述されていないところが悩ましい。。

■隣人へ状況連絡と相談

といった状況で、ペンキ塗りをしていたところ、隣人が現れた為、その旨の状況を報告しに行った(以下動画)

ポイントとなる当方の不安材料は、以下の2つであった:

■当方の不安材料

・1. 設置した隣家側でなく、裏側に設置しようにも、そちらも50cm程しか隙間がなく、移動できない可能性が高いこと(以前エアコン設置時に業者にその旨言われた)

・2. そもそもどの点がうるさいと感じていて、移動させたところでその問題が本当に解消されるのか不明なこと(室外機そのものなのか、トタンにビス止めされた空調ホースなのか。後者であれば室外機を移動しても変わらない)

その為、状況を報告するとともに、私の上記不安を正直に話してみた。

■先方より意外な案

すると、先方より意外な案が上がった。

すなわち「正面」に移動する、ということだ。

なんとなく室外機は「裏」に設置するという固定概念があった為、「正面」に移動する、ということは考えていなかった。

ただ確かに移動してはいけない理由も見当たらない。

この案を先方が提示してくれたのは、2つの意味でありがたかった。

■先方からの提案がありがたかった2つの理由

1つは、上記1の問題が解消されるからである。

もう一つは、同時に上記2の問題も自動的に解消されるからである。

すなわち先方が自分で挙げた案である為、この案を取った後にさらに苦情をいうことは考えにくいからである。

つまり最悪のケースは、移動させたものの「まだうるさい」などと言われ続け、さらに時間も費用もかさみ、お互いがストレスを重ねてしまうことだからだ。

先方が自身で案を挙げてくれたことで、この最悪の事態は未然に防ぐことができたのである。

これは、きちんと腹を割ってコミュニケーションをしなければ、決して出ることはなかったはずだ。

もちろん、今回はたまたま先方が案を出してくれたのでラッキーであった。

もし案を出してくれなかったとしても、しっかり問題を解決しようとしている姿勢をきちんと見せて、一緒に考えたというプロセスが、大事なのだと考える。

■【参考1】以前設置していた箇所(写真は既に室外機を撤去済。以前は写真中央当たり(やや黒ずんでいる箇所)に設置されていた)

画像1

■【参考2】新たに設置した箇所

画像2

費用は税込16,500円。今後のトラブルを未然に防止できたと思えば、安い投資だ。。😄

■新たなビジネスパートナーの獲得

しかも、地元の電気工事業者は、即日朝状況確認に来てくれて、同日午後には施工まで完了してくれた。頼もしい!

トラブルを解消できただけでなく、とても良いパートナーを見つけることが出来た。

これは今後この地域で仕事を依頼する際に、またお願いすることができる。

聞いたら、新規エアコン設置もやっているそうだ(ネット注文したものも可能)。嬉しい!

翌日隣人に移動した旨をお伝えしたところ、「どうもありがとね〜」と満足そうだった。ほっとした。

■ピンチをチャンスに変える

クレームを受けてピンチになったが、即座に正しく対応することで、隣人とも話をすることができた。

新たなビジネスパートナーに出会うこともできた。

これぞ、ピンチをチャンスに変える、ということだと実感した一日であった!

素晴らしい!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA